施工管理の求人は人見知りする人に向いている?

施工管理の求人は人見知りする人に向いている?

求人で施工管理で応募する人の中に、自分は人とコミュニケーションを取ったり人見知りで上手に話せないので大丈夫なのか不安に感じる人もいるかもしれません。
施工管理とはどんな仕事なのかと言うと、建設工事で現場技術者を指導巻頭くして、工事全体の進行を管理する業務です。
例えば工事のスケジュールは、職人が休んだり部材が予定通りに届かなかった場合には、工事スケジュールの延期や工事予算がオーバーしないように人員を集めたり、職人のスケジュールの変更をお願いしたり、別の方法で部材を集める必要があります。
その時には当然ですが無理を言ってお願いするわけだから、かなりの高いコミュニケーション能力が要求され、紙で命令書を渡せば従うような偉い立場ではないので、直接あって説き伏せる必要があります。
人見知りで上手くコミュニケーションが取れないのであれば、そういった調整業務に支障が出て、工事の遅延や予算オーバーや最悪事故が起こるリスクがあるので向いていないです。

施工管理求人で求められるのはどのような人材かについて

ハローワークの求人票でよく、工事現場での施工管理の人材募集を目にするけどどんな人が向いているのかわからない人もいるかもしれないので紹介します。
施工管理の仕事は、簡単に言えば道路や建設物を決められた期限内までに完成させる全ての段取りを管理する仕事です。
決められた予算内で、職人や作業員などの人材を雇って、材料を仕入れてスケジュールの工程を決めるのでかなりの調整力が必要となる仕事です。
建設工事は台風や大雨などの天候や、職人の病気など不確定要素で、スムーズにいかない事が多くあり、その都度臨機応変に対応する事が求められます。
職人が怪我しないように安全管理をしながら、スケジュールを調整する時には、相手に無理なシフトをお願いする事もよくあるので、高いコミュニケーション能力は必須と言えます。
さらに予測できない事態に対応するための、経験や人脈やスキルも持っていた方が望ましいです。
まとめると、コミュニケーションに長けていて、どんな状況にも動じない精神力と冷静さを持っていてスケジュール調整力に優れ、人脈や経験が豊富な人が施工管理の仕事に向いてます。

施工管理,求人に関する情報サイト
施工管理求人のミニ知識

このサイトでは施工管理の仕事に興味がある人は必見の求人に関してのミニ知識、情報について紹介してます。
仕事で重要になる品質管理や、人見知りしている人でも向いているかどうかもわかります。
この仕事は大きく4つの管理に分かれていて工程・品質・原価・安全があり、工程は期限までに完了するようにスケジュールを調整します。
品質は公共機関で定められた基準に沿って作れるようにすること、原価は決められた予算内で完成できるように資材の発注などをし、安全は事故がなく工事が出来るようにします。

Search