施工管理の求人の仕事で重要になる品質管理とは?

施工管理の求人の仕事で重要になる品質管理とは?

施工管理の求人で見かける品質管理という言葉は、設計図通りの品質を保っているかどうかを示しています。
デザイン、はもちろんのこと強度や材質、寸法、そして機能など様々な面を設計図通りに作り上げ、完成させるのが施工管理の仕事です。
品質管理では品質評価対象ごとの試験を行い、確認を行うのも特徴でしょう。
多くの職人や協力会社が関わる現場においては、品質はばらばらになりがちです。
職人が良かれと思って作業したことが設計図と違っていたり、材料が異なっていたりといった例も充分にありえます。
工程が一つ異なるだけでその後の作業にも大きく影響し、最終的な品質が変わってしまう可能性もあるでしょう。
作業工程ごとに試験を挟むことで、予定された品質をクリアしているかどうかを確認することができるようになっています。
設計図通りに進んでいることを示す証拠に施工記録を残すのが通例となっており、この時証拠の一つとして写真も貼付されます。

施工管理の未経験者でも求人があるのかについて

施工管理の求人のなかに、未経験者でも可能と言う物がかなりの数あります。
ハローワークでの施工管理の求人の約3分の1が未経験者の訳は、施工管理の国家資格を取るために、実務経験が無ければならないからです。
大学で土木科を専攻して国家資格の学科試験を合格できる知識があったとしても、卒業後は誰でも未経験で職務経験を積む必要があります。
そのためほとんどの建設会社では、経験なしから施工管理者を数年の実務経験で育てる制度が作られていて、育てる事が前提となっているからです。
それに加えて、建設工事現場では、専門知識を持った管理士の高齢化による人材不足が続いていて、人材ニーズの需要に対して供給が追い付いていない実情があります。
何もしなければ建設会社の施工を管理する人材はどんどん高齢化して離職して行き、工事自体を行なえなくなりつつあります。
さらに建設業界でも働き方改革が浸透して、今まで許されてきた長時間労働が難しくなって深刻な人材不足が問題となっています。
そういった諸々の事情から、経験が無くても雇ってくれます。

施工管理,求人に関する情報サイト
施工管理求人のミニ知識

このサイトでは施工管理の仕事に興味がある人は必見の求人に関してのミニ知識、情報について紹介してます。
仕事で重要になる品質管理や、人見知りしている人でも向いているかどうかもわかります。
この仕事は大きく4つの管理に分かれていて工程・品質・原価・安全があり、工程は期限までに完了するようにスケジュールを調整します。
品質は公共機関で定められた基準に沿って作れるようにすること、原価は決められた予算内で完成できるように資材の発注などをし、安全は事故がなく工事が出来るようにします。

Search