施工管理の仕事に興味ある人必見!求人のミニ知識や情報について紹介します

このサイトでは施工管理の仕事に興味がある人は必見の求人に関してのミニ知識、情報について紹介してます。
仕事で重要になる品質管理や、人見知りしている人でも向いているかどうかもわかります。
この仕事は大きく4つの管理に分かれていて工程・品質・原価・安全があり、工程は期限までに完了するようにスケジュールを調整します。
品質は公共機関で定められた基準に沿って作れるようにすること、原価は決められた予算内で完成できるように資材の発注などをし、安全は事故がなく工事が出来るようにします。

施工管理の仕事に興味ある人必見!求人のミニ知識や情報について紹介します

施工管理の求人に関した情報ですが、まず未経験でも仕事に就くことが可能で経験者でなくても還元している求人先は多いです。
未経験で施工管理で働く場合は、先輩の指導のもとで経験を積むことから始めていきます。
転職で応募先の会社を選ぶときには研修制度・教育体制が整っているところや、資格取得支援がある会社がおすすめです。
また、建築だと体育会系でないと駄目なイメージがありますが、別に体育会系でなくても務まります。
体力は必要ですがそれよりも判断弾力・コミュニケーション能力が重要です。

施工管理の求人の具体的な仕事内容とは?

施工管理とは、工事などの業務を管理する職業のことで、施工管理の求人では主に4つの仕事内容が求められています。
それは安全管理と工程管理、原価管理と品質管理の4つです。
安全管理とは、作業員の安全を確保するためのもので、重機や機械を事故のないように使用することや高所などでの作業を安全に行うこと、転倒防止の策や消火設備を配備などを行います。
また、工程管理は、作業の工程をスムーズに進めるためのスケジュールの作成や作業員の確保、使用する機器の用意などです。
原価管理は、予算内の費用で作業が進むように材料費や人件費などの調整を行うことを言い、費用にズレが生じた際の作業工程の見直しなども業務内容の一つとなっています。
そして、品質管理とは対象物の強度や機能などを実現する時に、設計図などで示された品質基準で作れるかどうかの管理をすることを言います。
自治体が定めた品質基準もありますので、そちらも照らし合わせて品質管理試験などを定期的に行い、作業を進めていくこととなります。

施工管理と現場監督の求人の違いとは?

施工管理と現場監督の求人は何が違うのでしょうか。
どちらも工事全体の工程や品質・安全などをコントロールし、工事現場での作業をスムーズに進める業務のことです。
2つはほぼ同じ立場になります。
会社によってデスクワークを中心に行うのが施工管理、現場業務を中心に請け負うのが現場監督と区別しているところもあります。
また、施工管理には国家資格が存在するため、有資格者を施工管理とする会社もありますが、人材の数が限られている中小企業では2つを同じ立場として扱う場合もあります。
主要な業務は以下の4つです。
1.原価管理:コスト管理とも呼ばれます。
予算内で工事を完了できるように、人件費や資材費などの原価を管理する業務です。
2.工程管理:決められた納期に工事を完了させるために、スケジュールを作成し、進捗管理を行います。
3.品質管理:設計書や仕様書で求められている品質や、地方自治体や法律で決められた基準・強度を満たすように管理する業務です。
4.安全管理:作業員が安心して作業できるように、環境を整備する業務です。

施工管理の求人で必要となる資格は何?

建設関係の仕事をするために施行管理の求人を探している方が多くいると思われます。
建設業界も人材不足が生じていて、求人が都市部を中心に多くあるのでチャンスです。
即戦力を採用したいと企業側は考えているため、応募の際に資格の保有が条件となっていることがあります。
施工管理技士を持っていると高く評価されます。
また、現場を訪れるわけなので、普通自動車免許は必須です。
施工管理はデスクワークだけではないので、車の免許を持っていないと仕事ができません。
資格を持っているからといって油断してしまうのはダメです。
面接で自分の魅力をアピールすることが求められます。
志望動機や転職理由、入社して何をしたいかなど質問されるので、問題なく答えられるように準備しておくべきです。
その場で考えようとしても良い答えが思いつかないことが多いので、事前に考えておくことをおすすめします。
人材不足だから大丈夫だろうと安易に考えていると後悔することになります。

施工管理の求人のメリットや魅力について

施工管理の求人のメリットは平均年収が高いことで、建設業界は資格があると取り組める業務幅が広くなるので年収も高いです。
資格を持っていると基本給が上がる・資格手当が支給されるなどします。
仕事でも事故件数が少ない・納期を守るなど良い結果があれば成果報酬も発生することもあります。
施工管理は手当の平均額が1級だと毎月19,077円、2級でも8,158円と高額でやりがいも感じられますし、将来性も高いです。
建設業界は高齢化と少子化が進んでいて人手不足が続いていて、資格があると長く働けますし現場監督として活躍可能で社内でも有用な人材としてみられます。
経験を積むほどキャリアアップも出来るので転職でも有利となります。
また、女性も増えていて男性と比べると比率は低いですが近年は増え続けてます。
建築の現場は男性が多いイメージがありますが、複雑な工程があるので女性ならではの柔軟な調整力が役立つことも珍しくなく、ゼネコンも女性の管理者が多く存在していて今後もますます活躍の場が広がると期待出来ます。

施工管理,求人に関する情報サイト
施工管理求人のミニ知識

このサイトでは施工管理の仕事に興味がある人は必見の求人に関してのミニ知識、情報について紹介してます。
仕事で重要になる品質管理や、人見知りしている人でも向いているかどうかもわかります。
この仕事は大きく4つの管理に分かれていて工程・品質・原価・安全があり、工程は期限までに完了するようにスケジュールを調整します。
品質は公共機関で定められた基準に沿って作れるようにすること、原価は決められた予算内で完成できるように資材の発注などをし、安全は事故がなく工事が出来るようにします。

Search